八島 悠里乃Yurino Yashima
2017年入社
開発部
生物資源環境学部 食品科学科卒業

INTERVIEW.04「食」に関わる仕事の大切さを実感しています

入社のきっかけを教えてください

大学で食品について学んでいたこともあり、もともと食品関係の仕事には興味がありました。
生きていく中で欠かせない要素である「食」に関わる仕事に就いて、誰かの役に立ちたいと思ったことがきっかけのひとつです。
天狗ハムは子どもの頃からCMなども目にしていて親しみがあり、地元の人に広く愛されている会社だと感じていたので、入社を決めました。

仕事について教えてください

入社して2年ほどは、製造部でハムやベーコンなどの包装業務に従事していました。最初は製品の種類の多さに驚き、それぞれの製品を覚えることにかなり苦労したことを覚えています。1日に生産する製品は決まっているので、その中でロスをなるべく少なく、効率よく進められるように日々取り組んでいました。
現在は、開発部の品質管理室に所属しています。品質管理室では、日々生産される製品の品質検査をはじめ、工場にある機械の校正、従業員の衛生チェック、記録用紙の確認など、様々なことを行っています。
また、開発部として製品の開発に携わることもあります。資料を作成し、何度も試作を行い、製造工程を決め、現場に落とし込む…というのが一連の流れです。開発には現場の方の協力が不可欠なので、皆さんのお力を借りながら取り組んでいます。
製造部で経験を積んだことで、天狗ハムの数多くの製品について理解が深まったり、現場の方との繋がりができたりしたので、それが今の仕事にも活かされていると思いますね。

就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします

どのような仕事でもはじめはわからないことだらけで、不安に感じると思います。
ただ、わからない時には教えてもらえばいいし、そんな時に丁寧に教えてくれる先輩が周りにたくさんいます。
私は、入社してから買い物をする際に、天狗ハムの製品を確認するようになりました。
そこでお客様が手に取ってカゴに入れていただいているのを見ると、毎日の仕事の大切さを改めて感じるとともに、より一層誠実に取り組んでいきたい、と思います。
そう思える仕事ができる環境が天狗ハムにはあります!

八島さんの1日のスケジュール

  • 8:10

    始業・朝礼

  • 8:30

    メールチェック

  • 9:30

    工場内検査

  • 12:00

    お昼休み

  • 13:00

    書類作成

  • 15:00

    細菌検査

  • 17:00

    退社

※所属およびインタビュー内容は取材当時のものです。

エントリーはジョブナビから

076-249-1111リクルート担当 青木まで